2月4日は暦の上では「立春」だが東京では雪になることが多い月。「立春」とは裏腹な感じがする。それでもTVでは「河津桜」が咲いたとの事。例年よりも早いそうだ。季節感が年々薄まってきている。そして今日は雪が降って来た。

今週末は高島平団地のオープンハウスを引き続き開催する。高層の3Kタイプが選べるくらい売出しされている。以前は1戸くらいしかなくて、それを買い逃すとしばらく待ちの状況だったのが、である。選べる楽しみは反面「いつでも買える」「もっと良いものが出てくる」との思い込みが手伝っての滞留だと思っている。

しかしここに来てパタパタと成約になりそうだ。年末には、我が社のお客様も購入の意思表示をしたにも拘らず2番手になってしまい契約出来なかった住宅があった。欲しいと思った時に即行動が一番である。買い逃してしまうと次の住宅がなかなか回ってこないことが多い。本当に住宅のご縁は不思議なもの。

新聞等で都心のマンション価格が高騰して23区内のマンション平均価格は1億円以上との話が巷を賑わしている。この手の情報は一時取得者の方々の購入意欲を奪っている気がしてならない。若い人にも手が届く価格帯で駅近、保育園も幼稚園も他地域に比べると多く、暮らしやすさが高島平地域の特徴。

近頃高島平に来てくださった方は、板橋区内でもここより遠方で、広範囲からの移住者の方が増えた気がする。一時取得を考えるなら子育てし易く通勤通学にも便利な高島平をお勧めしたい。三田線は当初、西台駅~巣鴨駅間の短い地下鉄だったが、今では横浜中華街方面にまで繋がっている。便利になったものだ。

「選べる楽しみは何時までも続かない」と思うので、今のうちにご来場を!!

渡部