1223金)すまいる情報高島平にて、元気なうちに誰を後見人にするか予め決めておく「任意後見制度」
「成年後見制度」「家族信託」を知ること、そして有利な点を生かした使い分けについて考える
 セミナーを開催しました。参加者は7名でした。

講師は、司法書士・家族信託専門士:吉田 研三 先生
            司法書士:佐藤 瑞恵 先生

初めに~平成25年度の平均寿命は男性80歳、女性86歳との事で、今後さらに寿命は伸びると言われています。
せっかく長生きしても、認知症などで意思能力や判断能力の問題が生じ、日常生活が制限されてしまったら・・・。
◆どうやって残された人生を幸せに過ごしていくのか。 ◆遺した資産を、次の世代にどう円満に継承するのか。
自分自身はもとより、子供も親の老後や相続に不安を抱えてしまいますね。何か解決策はないものでしょうか?

参加者の声~成年後見人という言葉を良く聞くので、難しいと思っていましたが少し身近になりました。O様

「家族信託」初めてお話を聞きました読み直してみます。資料をありがとうございます。K様

質問に答えて頂けて、今後の行動に役立ちました、さらに詳しい話を聞ける機会があると有り難い。S様

初めて聞く事が多く大変ありがたく思いました。(家族信託について) F様

感想~認知症なので施設に入れたいけれど高額で、自宅を売却しないと。
とのご相談が増えていますが、判断能力が無い状態では売却が出来ないという
現実があります。成年後見人は正にそんな時に必要となるので、
事前に自分自身で準備が出来る点が、良いと思いました。
今回参加出来なかった方は、個別にご相談に対応しております。
すまいる情報高島平にご相談ください。    担当 渡部・中島